金曜日のネコ

8割日記、2割技術

M2になります

皆さまごきげんよう。お久しぶりです。

明日2018/04/01から修士の2年生になります。

得たもの

  • 作ったモノの意味を考える/意味を考えてからモノを作る習慣

この学校で得たと言うか、僕に備わっていなかった習慣でした。大事。

  • 今までの環境ではできなかった経験

プロジェクトでSONYさんとの共同研究に参加させてもらったり、OTON GLASSという今をときめくスタートアップで実業務に携わらせてもらったり、貴重な経験でした。

失ったもの

  • 技術を研鑽する習慣

これは言い訳になってしまうのですが、考えることにかまけていて新しい技術を自分の中に取り込む事を怠っていました。

去年の12月から細々と就活をしていて何社かでは人事の方やエンジニアの方と実際に話させていただいたのですが、技術力の無さを実感しました。

この3月で何とかエンジニアとしてのアウトプットをしようと考えていたのですが、叶わず。

  • 学外の繋がり

最近知り合いのイベントにほとんど行けていなくてつらい。

研究について

研究テーマを固めたと言うかもう後戻りができない時期なのですが、構想発表の研究タイトルは「プログラムソースコードによる表現の可能性」というザックリとした感じでいきます。

github.com

ソースコードの記述というのはプログラミング言語の設計思想やプログラマがどんな技術コミュニティに属しているかが顕著に反映されると思っていて、

例えば僕はCから初めて、今一番手に馴染んでいるのはJavaScriptという、C系の手続き型言語をずっと書いてきた人なのですが、

昔僕がLispを書く機会があってネットのコードスニペットを眺めていたら、

という感じで書かれていました、おそらくLispネイティブの方はこの書き方が一番しっくりくるのでしょうが、手続き型言語をやってきた僕にとってはどうも気持ち悪く、

みたいな書き直しをしたり、それぞれの言語圏による記述だったりとか、そういうエンジニアリングコミュニティごとの文化の違いがとても面白いと思っていたりします。

ソースコード自体がエンジニア一人一人の表現になって、またそれを読む時にもソースコードを読む時に必要な、謂わばプログラマリテラシを介在させることで、自然言語とは違った表現を行えないかなと思っています。

就活

まだ内定/内々定はいただけていません。NNNT(無い内々定)です。

nasustim.com

一通りのスキルセットやいままでやってきたことについてはポートフォリオサイトにまとめてあります。コレは誰にも負けない!といった分野が無く浅く広くなエンジニアなのは承知ですが、最近は大体Node.js環境でコードを書いています。ポートフォリオサイトも最近Reactで作り直しました。

できれば東京方面で就職したい......何か良さげな話があったらこっそり教えてください🙏🙏🙏

 

ひびの