金曜日のネコ

これは何でも良い。詩でも、随筆でも、プログラムでも、便所の落書きでも。

大学院で1年留年が決まった話

1年留年が決まった。

TL;DR

  • 1年留年が決まりました。
  • 悩んだ末、来年もう一年チャレンジします。
  • 1年後に笑い話として見返せるように、今の思うところ(特に恨み節)を記しておこうと思います。

研究(の紆余曲折的な)概要

IAMASでの2年間、紆余曲折を経て修士作品《* as Code》を制作いたしました。

この制作を始めたのは修士1年の終わり頃、プログラミング言語の理解を促す為の教材として有効なのではないかと考え童話や歌謡曲の歌詞をJavaScriptで記述したことがきっかけでした。

アートたるにはどうすれば良いのか、自分が本当にやりたいことは何なのか、そしてそれを研究として成立させるにはどうすれば良いのかを考え続け、最終的にはプログラミング言語の構造を用いて自分自身の思考を外在化することを表現として、作品を制作しました。

手法

表現の手法に関しては以下に示す通りです。

この世界の全ての概念はプログラミング言語の変数で表現することができます。記号論で例えると、「わたし」というシニフィアンに対応する『わたしのメタデータ』というシニフィエが存在する一つの閉じた記号系を一つのソースファイルの中に書き表すことができます。

var わたし = {
    名前: "Mitsuhiro Hibino",
    性格: "良くはない"
};

関数は現実世界の動作を処理や手続きといった形で記述することができます。

function 歩く( 人 ){
    人.現在位置 = 人.現在位置 + 1;
    return 人;
}

もちろん、複数の動作を組み合わせて新たな動作を定義することも、動作を変数として扱うことも可能です。

function ジグザグに歩く( 人 ){
    人 = 歩く( 人 );
    人 = 向きを変える( 人, "90度" );
    人 = 歩く( 人 );
    return 人;
}

これらの概念を分岐や反復といった制御構文を用いることで一連のフローとして記述します。

修士作品(と認められなかった)《* as Code》について

《* as Code》はプログラミング言語の構文と日本語の識別子を用いて記述された詩です。

プログラミングを初めて以来14年間、C言語の影響を受けたプログラミング言語を用いてコンピュータに自分の意図を伝える活動を行ってきました。私は物事をプログラミング言語で用いられる概念に当てはめて捉えることが度々あります。言語学の世界においても言語は思考に何らかの影響を与えることは確かだと言われており*1プログラミング言語自然言語(ここでは日本語)を組み合わせた言語表現はプログラムに慣れ親しんだ人にとっては高い表現力を持ったものであると考えました。

そして自然言語を用いているため、プログラマでない人にとっても、自然言語の意味に沿ってプログラミング言語由来の表現の一部を読み解くことができる表現でもあります。このことは学内での展示で確認済みです。

なぜ留年したか

先週、主査副査のところに行って話を聞いてきました。丸めると以下のような感じです。

  • この表現を用いて記述する題材をもう少し推敲できたのではないか
  • 自分にとって、この表現を用いて表現することはどういう意味を持つのかをじっくりと考えてほしい

題材を推敲と言われても、自分の出せる精一杯の「詩たる」題材を引っ張ってきたつもりだったのだが、、、と思います。

この表現はどういう意味を持つのか、とも重なりますが、私の考えていた研究全体の俯瞰図として「この表現にはこのような良い部分がある」→「この表現の持つ表現の可能性の一例として作品を制作した」のようなフローだと考えていたのですが、研究で評価すべき「表現の可能性 / 作品で用いている表現の効用」と作品を面白くする為の「題材や展示形式の作り込み」という乖離した2つのタスクに足を掬われてしまったと思っています。

来年

IAMASでの2年間はとても満足できるもので、自分自身見違えるほどに成長できた気がします。内定もあったし作品審査で落ちたら3月でドロップアウトして東京で働こうと思っていました。

でも欲が出てしまったというか、やはり修士という肩書も手に入れたいという気持ちになり、岐阜でバイトを見つけてもう一年だけ頑張ることにしました。いつ職を探すことになるかわからないので、ポートフォリオを整備しておくのは大切ですね。

おわりに

来年も岐阜にいるので、宜しくお願いたします。

Jeanette M. Wing - 『Computatinal Thinking』について

出典元

日本語訳: https://www.cs.cmu.edu/afs/cs/usr/wing/www/ct-japanese.pdf

原典: https://www.cs.cmu.edu/~15110-s13/Wing06-ct.pdf

おしながき

メタデータ

著者であるJeannette M. Wingについて

『Computational Thinking』について

Wingが2006年に書いたエッセイである。エッセイとはいえACMの学会誌に掲載されており、リファレンスにできるだけの権威は持っている。

このエッセイはウイングがComputational Thinkingとは何か、そしてその意義について述べた文章である。

Computational Thinking自体は1980年代にシーモア・パパートが言い出した考え方である。英語のwikipediaが図解付きで詳しかった。

Computational thinking - Wikipedia

『計算論的思考』について

2014年に中島秀之が原典を翻訳した際に名付けた訳である。経緯は日本語訳の始めに詳しく載っている。

要点

概要

  • Computational Thinkingとは、コンピュータが様々なタスクを処理する考え方、そして人間がコンピュータのように考え問題を解決していく考え方である

アウトライン的な手順

  • 問題を私達が認識可能なものへと変換し
  • 予期せぬ自体への準備を行い
  • 最も適切な精度/工数で解を導く

著者の主張

  • この手順一つ一つはコンピュータサイエンスやインフォメーションエンジニアリングの分野で既に確立されている
  • そしてこの考え方は既に他分野にも多大な影響を与えている
  • 全ての人間が身につけるべき技能である

所感

論理的思考との関わり

「Computational Thinking」は、その後日本の文部科学省の独自の解釈で「プログラミング的思考」となり、2020年から始まる(であろう)小学校でのプログラミング教育必修での重要なキーワードとなっている。

僕は論理的思考を体系的に学んだ訳ではないが、「Computational Thinking( => 計算論的思考 )」は論理的思考を行うためのフレームワークと言えるのではないだろうか。

とても抽象的に捉えられている「論理的思考」を広く普及させる術として具体的なフレームワークを提示することは有効そうに思える。

コンピュータサイエンス讃歌

確かにこの考え方は多くのビジネスの場面でベターなフレームワークだと思う。しかし人間の営みをデータフローで解決することもまた、難しいと思う。

コンピュータはヒューリスティックでありつつも演算を適切に処理してくれる機械である。また、リアルタイムOSみたいなものはリアルタイム性を優先した結果、ヒューリスティックの幅を広げている。

この考え方のフレームでは無いかもしれないが、Computational Thinkingはとてもウォーターフォール的に感じる。人間の問題解決には反復も必要ではないかと感じた。

私の研究との関わり

『プログラム・ソースコードによる表現の可能性』( 2018/11/29時点での論文タイトル )と第打って修士研究を行っている。

詳細: https://nasustim.com/#/works/masters-research

僕の作品は、Computational Thinkingに基づいて世界を捉え、それが結果的にプログラムの体をなしている、と考えることができる。

制作の中での体験ではあるが、私は感情的になると制作が捗る節がある。そしてプログラムを書き終えると「私」と「他人」と「私の内面」を俯瞰した視点で捉えられ、冷静になることができる。これは物事を論理的に捉える手助けをされている、いわば僕の研究で扱う表現は「Computational Thinking」を行うためのフレームワークとして機能しているとも捉えられるのではないか。

まとめ

この記事を書き上げている時、同じタイミングで僕の作品審査の結果を審議する教員会議が行われているらしい。

自分の活動は意義があったと信じたい。自分を信じて。

追記(2018-11-29 20:15)

一年留年が決まりました。

なぜJavaScriptか

色々な場面で「なぜJavaScriptが好きなの?」とよく訊かれる。

毎回毎回、「構文の自由度が高いところかな〜」といった曖昧な表現で返してしまう。

 

僕は『プログラムソースコードによる表現の可能性』という修士研究を行っている。プログラミング言語というものにそもそも興味があったことが初めたきっかけではある。

その中で「なぜJavaScriptが好きか」という問いに関しての言語化ができた気がする。

手続き型言語ばかり触れてきた私の手に一番馴染みやすいフォーマットで提示された初めての関数型パラダイムの要素を持った言語だから」だと思う。

関数型言語の最も重要な決まりごとといえば「参照透過」とか「副作用が無い」だと思うけどそれらは構文の美しさというよりは概念的な美しさだろう。

JavaScriptの関数は第一級オブジェクトである。つまり高階関数を記述することができる。関数が関数を受け渡すことができるというデータの扱いの自由さと、その性質を記述する際の面白さに惹かれたのではないかなぁ。

 

ひびの

(必要じゃない限り)ラップトップを持ち歩かない生活を始めた

近況報告です。

きっかけ

最近クルマを手放して電車通学をしているのですが、先日通学時に雨に降られて上着もリュックもびしょ濡れになってしまいました。

f:id:nasustim:20180526021030p:plain

図1. よくよく考えてみると傘を持つ位置が悪い

幸いにもリュックの中にあった図書館で借りた本は無事でした。

服や自分の荷物が濡れるのは別に構わないのですが、もしも本が濡れたら困る......。

しかし無意識の行動を正すのも難しい。

ソリューション

傘の保護範囲の中に全ての荷物が収まれば良いのではないか。

バッグの選定

メッセンジャーバッグ

メッセンジャーバッグ - Wikipedia

昔使っていたけど重さが片方の肩にかかって疲れる。

サコッシュ

サコッシュとは - はてなキーワード

最近流行っているし良さそう。

用意

せっかくだから自分の物だと一目で分かるスタイルが良い。

suzuri.jp

SUZURIで作りました。

ラップトップが入らない

SUZURIのサコッシュは縦横が13インチMacbook Proとほぼ同じなのでラップトップは入れられない。

というか荷物がそんなに入らないので断捨離が必要。

サコッシュ通学の基本構成

首周り

 安価だけど音質も気にならないし電池持ちが良い。

ズボンのポケット

サコッシュの中

  • Ankerのモバイルブースター
  • Lightningケーブル
  • Micro-USBケーブル
  • 財布
  • ポケットティッシュ
  • その日に読むべき本

感想

3日間滞在した北品川が良い街だったという話

先月、就活のために東京に行った。

4月の最終週の火曜日に東京入り、五反田で一泊した後水曜日にとある御社の面接、そのまま土曜日まで北品川のゲストハウスに滞在して就活イベントに参加した。

本当は土曜日の内に岐阜に帰るつもりだったのだが、福井の勉強会で知り合ったうなすけくんの家に一泊させてもらって日曜日に岐阜に帰った。(突然押しかけたのに泊めてくれてありがとう)

Where is 北品川

品川区の北部に位置する。町域北部は港区高輪・港区港南に接する。

北品川 - Wikipedia

品川駅から京急線に沿って南に下った辺りにある街だ。品川駅は駅名に「品川」を冠しているのに港区らしい。

大学院の同期に教えてもらい宿泊したゲストハウスが京急北品川駅のすぐ近くにあった。

bp-shinagawashuku.com

北品川の魅力

宿場町の趣きがあり良い雰囲気

慶長6年(1601年)に、中世以来の港町として栄えていた品川湊の近くに設置され、北宿、南宿、新宿にわかれていた。場所は、現在の東京都品川区内で、北は京急本線北品川駅から南は青物横丁駅周辺までの旧東海道沿い一帯に広がっていた。

品川宿 - Wikipedia

東海道を東京から下る場合には一番目の宿場町らしい。写真は撮らなかったが宿場町の雰囲気を醸している街の外観は散歩していてもなかなか楽しい。

街には鮮魚屋があったり八百屋があったり、地元の方々の生活の営みが感じられるのも地方都市の国道沿いで生まれ育った私にとっては惹かれるものがあった。

そんな街が品川駅のすぐ近くにある

品川駅といえば言わずと知れた東京のターミナル駅だ。駅前には大企業の本社ビルなんかが沢山ある。

北品川から15分北に歩けば品川駅に行けるし、逆も然りですぐに北品川に帰ってこられる。控えめに言って住みたい。

海が近い

宿から少し歩けば海が見られるのは海無し県民にとっては魅力を感じるポイントである。海無し県民は海が好き。

f:id:nasustim:20180513012131p:plain

気分転換に海まで歩ける生活、良い。

まとめ

東京に住みたい.......。

www.youtube.com

いいから俺の旅の思い出を見てくれ!

8月の16日から昨日までベトナムホーチミンっていう所に居た。

撮った写真たちを公開しないのは勿体無いのでこのブログで供養させて欲しい。

 

台湾乗り換えだった。

桃園空港のフリーwi-fiは登録無しで使えた。中華航空のラウンジにはラウンジ専用のフリーwi-fiがあった。(空港全体で支えるSSIDの方より速かった)

タンソンニャット国際空港という所に降り立った。台北の桃園空港と違ってかなりモダンな建物で驚いた。

昼のサイゴンスカイデッキ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

ホーチミン市で一番高いビル

ホテルの近く2 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

バイクがたくさん

川 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
道 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

道を渡る時はだいたいこんな感じ。ベトナムでは車もバイクも歩行者も信号無視が基本。

レッドブルがめっちゃ安かった。しかも天下のタイランド産。

シクロ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
船 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
船 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

シクロっていう自転車を改造したタクシーに乗った後に遊覧船に乗った。ホーチミンめっちゃ都会。岐阜より都会。

偽物だと分かってはいましたが、箱がめっちゃ本物っぽかったので淡い期待を寄せてホテルまで持って帰りました...笑

クリームが乗ってないフラペチーノでした。ジャムをそのまま入れたような感じでめっちゃ甘さがくどかった。

最後のディナーはお寿司。

夜のサイゴンスカイデッキ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

寿司を食べた後に展望台に乗りました。夜景綺麗。

 

今回は海外wi-fiのレンタルサービスのところでthetaを借りて行きました。楽しかったけど一眼をほとんど使わないほど熱中してしまったので自分のthetaを買うのはもう少し先かな...。