タッチ・アンド・スリープ・アンド・ゴー

つまらないことしか書きません

JavaScriptでVJした話

先週行われた名古屋工業大学の学祭内でのクラブイベント、"Play Style"でVJをさせていただきました。

DJを齧っていた時からVJに興味はあり、今回は友達のたはわすくんがVJを探しているとの事だったので、重い腰を上げてエントリーさせていただきました。

システム構成

VJの素材になるような手持ちが無く、私がプログラマという事もあり、迷わず映像出しの要にはプログラミングによる映像表現を採用しました。

イベント時の様子

感想・反省

ネタが少なすぎた

これに関してはもう少し早くから準備を始めるべきでした。

言い訳をするならば、色々と学校の中で細々とした作業が多すぎた......。

iPhoneで撮ったループ素材に関しては、マルチネ辺りのトラックメーカーの曲が流れた時に渋谷の映像を出したら盛り上がったのと、長尺の車載映像は中々汎用性が高くて良かったのですが、ネタが足りなすぎて同じループ素材を2,3回使いまわしてしまって、ずっとフロアにいたお客さんには飽きられてしまったかもしれません。

一方でJavaScriptのグラフィックプログラムは用意してたもの全てプリミティブな動作のプログラムでしたが、実写映像と重ね合わせると中々見栄えの良いものだったとは思います。

大学院の先輩のようなプログラムだけで魅せることのできる表現は中々難しいので、実写のループ素材を大量に用意しておき、プログラムの方は実写に彩りを添える程度の汎用性の高いものを用意しておくスタイルはアリかなと思いました。

オーディオリアクティブなプログラムに遅延が発生していた

目視での確認なのでどの程度の秒数遅れているかは確認できませんでしたが、音楽の低音部分(0〜440Hz)の強度が一定のしきい値を超えた時に動作させるはずだったプログラムに微妙に遅延が発生していたのが確認できました。

  • Web Audio APIでマイクからの音声をサンプリング
  • 同じくWeb Audio APIのAnalyzerで低周波成分のレベルを取り出す
  • ブラウザに映像の変化として表示
  • SC SyphonでVDMXに送信

と、様々なシステムを噛ませているので、どこがボトルネックなのかは次回までに突き止めておかないといけません。

DJネームの文字は動いたほうが良い

Twitterで共有されている映像からお分かりの通り、PNG画像をVDMX内のビデオミキサで映像に表示していたので、文字にはエフェクトを掛けない限り変化が現れません。

カラオケ映像みたいでかっこ悪いっすよね。笑

次回、もしVJをやる機会があったらAfter Effectで作っておきたいと思いました。

まとめ

反省点は多々ありましたが、なによりVJしていて楽しかったです!

僕のVJの後にVJしていた1cch4nくんや、イベントの夜に行った別のイベントのVJさんのプレイを見て格の違いを思い知らされましたが......笑

精進してまいりますので、もしもオファーくださる方がいらっしゃったら!(そして僕がタスクに忙殺されていなければ)是非ともVJの機会を与えてくだされば幸いです🙏🙏🙏