読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nasustimの日記

つまらないことしか書きません

"ネットワーク分析―何が行為を決定するか" - 安田雪

 

ネットワーク分析―何が行為を決定するか (ワードマップ)

ネットワーク分析―何が行為を決定するか (ワードマップ)

 

 

内容

ネットワーク分析というタイトルだが工学系ではなく社会学的な内容の一冊。

イントロダクションで「人間一人一人の行為を決定するのはその人の構成しているネットワーク」だと位置づけられ、前半100ページ程はグラフ理論の教科書のような内容で社会的ネットワークの可視化手法や数値化手法、概念的な教則といった感じ、後半100ページは前記した手法を用いた応用事例の紹介。

この書籍自体の発刊が1996年でコンピュータネットワークの話や例えで用いられる具体的な企業名にはインターネット考古学のような匂いがあった。

コメント

大学図書館で入りたいと思っている研究室のコーナーに置かれていた為何気なく手にとって取り敢えず借りてみた本1冊目。「人の行為を決定するのは社会的ネットワーク」という言葉が目に入りふと私の人生を振り返った時に、「小学生の時にそろばん教室に通っていたのも友達が通っていたから」、「高校進学の際に知り合いの居ない高校を選んだのは中学の人間関係にウンザリしていたから」など色々な記憶が思い出されて「確かにそうかもしれない」と思った。

グラフ理論については前居た学校であまり触れてこなかったので基本を抑えられたのは学びになった。普通は情報系の学科ならガッツリ触れるものなので学んだ内容は書かないでおく。

「知識は文化的資本でネットワークは社会的資本」という言葉、反芻していこう。